スポンサーリンク

リバウンドの仕組みと予防方法について

ダイエット
スポンサーリンク

体重を減らすためにダイエットをしたものの、減った体重がすぐにダイエット前に戻ってしまう場合があります。ダイエットを終了したら、体重がダイエット前のものになったしまったとか、以前より太ってしまったという人もいます。

体重が戻ったり、増えてしまうことをリバウンドと言い、体の管理を怠ることにより、起きてしまう場合があります。
リバウンドは、ダイエットに取り組んだことがある人の多くが経験しているものですので、リバウンド対策はダイエットでは必須といえます。
ダイエットが終わった後でもリバウンドが発生しないように、ダイエット中からリバウンド予防を講じておくことです。

体重を減らすためにと、食べる量を少なくしていると、人間の体は非常事態が発生したと認識し、新陳代謝を低下させます。
一日で消費するカロリー量を少なくし、体内に蓄えられるカロリー量を増やせば、食事が少なくても生き抜けるからです。

非常事態だと思っている体をそのままにして、ダイエット前のカロリー摂取量にすると、使い切れない余剰のカロリーが出ます。
食事を増やしている訳ではないのに、過剰にカロリーを摂取していることになり、身体は脂肪として蓄えてしまうために体重が増えてしまうのです。

リバウンドが発生しにくいようにダイエットをしたい場合は、食事は適量を摂取した上で、運動量を多くして体重を減らします。
体を使う機会が少ないと、筋肉自体がだんだん少なくなって代謝が悪くなり、太りやすい体質になります。

ダイエット後にもリバウンドが起きないようにするには、運動を続けて筋肉を増やし、基礎代謝の高い体のままでいられるようにしておくことが大事です。

ポチッとお願いします☆彡

コメント

タイトルとURLをコピーしました